有料道路マップ

狭山環状有料道路 ゆとり度 平均10分 一般道との平均所要時間差

路線名 一般県道堀兼根岸線 一般県道堀兼根岸線
・一般県道所沢堀兼狭山線
区間 狭山市大字上奥富から
狭山市大字柏原まで
埼玉県狭山市大字入間川から
埼玉県狭山市大字上奥富まで
延長 1.4km
0.4km
道路の区分 第3種 第2級 第3種 第2級
車道幅員 3.25m×2車線=6.50m
3.25m×2車線=6.50m
設計速度 1時間につき60km 1時間につき60km
着手年月日 昭和56年11月1日
平成9年12月18日
供用年月日
昭和62年3月28日 平成17年3月13日
事業費 42億円 14億円

狭山料金所
狭山市柏原字川原3094
TEL:04-2953-5177

狭山環状有料道路(延伸)の概要

狭山市は、国道16号を骨格として大規模工業団地が立地し、埼玉県の産業経済の発展に重要な役割を果たしてきました。
狭山環状有料道路は、慢性的な交通渋滞解消と入間川による市街地の分断を解消すべく計画された環状道路*1の入間川橋梁部について、昭和62年に供用開始しました。
狭山環状有料道路の延伸事業は、県道所沢堀兼狭山線の整備に併せて、国道16号から西武新宿線までの0.4q区間を立体交差で整備し、国道463号から圏央道に接続する広域道路網として、また、狭山市街地を迂回する環状道路として、新しい発展と豊かな生活を支える役割を果たすものであります。

*1狭山環状有料道路は、次の県市道との接続により環状道路となっております。
狭山環状有料道路、県道126号所沢堀兼狭山線、狭山市道幹第51号線、狭山市道A第141号線、狭山市道幹第11号線、狭山市道A第720号線、県道50号所沢狭山線、県道260号鯨井狭山線。

開通後の総交通量4,870万台
1日当たり4,830台(平成26年度)(普)150円
(平成26年度末現在)

今日のお天気
お茶の香漂う道 狭山環状有料道路

茶処狭山の市街地を中心とした環状道路。
武蔵野の趣の感じられる景色の中を快適にドライブすれば、お茶の香りが漂うかのよう 。
周辺では、武蔵野の自然豊かな智光山公園や、夏には関東三大七夕まつりの一つ、
入間川の七夕まつりも楽しめる。

狭山環状有料道路
※有料道路名をクリックすると地図サービスサイトにリンクします。
↑所沢航空発祥記念館
狭山湖
←狭山茶畑
本社/さいたま市浦和区北浦和5−6−5
TEL 048-822-8073/FAX 048-822-8082