有料道路マップ

新見沼大橋有料道路 ゆとり度 平均10分 一般道との平均所要時間差

路線名
一般国道463号
区間 さいたま市芝原3丁目から
さいたま市大字大崎まで
延長 1.4km
道路の区分 第3種 第2級
車道幅員 3.25m×4車線
設計速度 1時間につき60km
工事期間 平成4年12月 1日から
平成8年11月27日まで
開通年月日
平成8年11月28日
事業費 108億円

県南部管理事務所
さいたま市大字大崎1730-1
TEL:048-878-2817

新見沼大橋有料道路の概要

国道463号は県南地域を東西に結ぶ重要な幹線道路です。
このうち、国道17号から国道4号までの間は慢性的な渋滞が発生していました。
この渋滞を解消するためのバイパス道路の一部となっています。
また、東北縦貫自動車道浦和ICへ接続する道路としても重要な役割を果たしています。
この道路の周辺は、首都圏の貴重な緑地空間である「見沼田んぼ」を横断することから、設計に当たっては自然景観の調和や生態系の保全に配慮しています。

開通後の総交通量4,162万台
1日当たり6,984台(平成26年度)  (普)150円
(平成26年度末現在)

今日のお天気
自然との調和美 新見沼大橋有料道路

首都圏の貴重な緑地空間“見沼たんぼ”を横切る、自然との調和美にあふれた道路。
生態系の保全にも配慮されたものとなっている。
 周辺には埼玉スタジアム2002、さいたま新都心など埼玉を代表する施設が集中。

新見沼大橋有料道路
※有料道路名をクリックすると地図サービスサイトにリンクします。
本社/さいたま市浦和区北浦和5−6−5
TEL 048-822-8073/FAX 048-822-8082